我が家には特別支援学級に通う中1女子と
特別支援学校に通う小4男子がいます。

2人とも未就学の時に
自閉症スペクトラムと
診断を受けました。

まさか、ハンディキャップのある
子ども2人の母親になるとは・・

人生、本当にわからないものです。

先の見えない不安と子育ての重圧

娘が3〜4歳まで
「育てにくい子」
「周りとはちょっと違う変わった子」

と違和感を感じて
毎日先の見えないトンネルの中にいました。

4歳の時に自閉症スペクトラムと
診断を受けて
ショックで病院から
どのように帰ってきたか
覚えていないほどの感情を体験をしました。

『この先どうなってしまうのか?
どうやって育てればいいの?
私の人生はどうなってしまうの?』

頭の中はグルグルと
不安に飲み込まれました。

そして、息子が生まれ
「この子も発達が遅い・・・
周りとは違う・・・

もしかして
この子まで?!」

本当のことを知るのは怖かった。

しかし思い切って診断を受けに行くと
やはり娘と同じ
自閉症スペクトラムとのこと。

この辺りが人生で一番落ち込んだ時期でした。

2人の自閉っ子を育てていく
重圧に苦しみました。

何もかもイヤになって
家を飛び出したこともあり、
私の心は限界に達しました。

育児はまず、自分自身の土台づくりが大切

この「降参」の状況でわかったこと。

それは

『私自身の土台を
しっかり立て直す必要がある。

そうしないと
この先の育児はやっていけない』
と強く感じ、

心理学やコーチングなどを学び
自身の在り方を見つめ直しました。

世間体や人の目を気にする自分
人からの評価
いつしか心からの自分の声
本音がわからなくなっていた私ですが
一つ一つ丁寧に向き合い少しずつ解放されてきました。

また、子どもへの関わり方
具体的な支援の方法を
発達凸凹アカデミーから
様々な角度から学び
子どもとも向き合いました。

螺旋階段を登るように
少しずつではありますが
母子共に変化しました。

丸ごと自分を受け入れる方法を伝えていきたい

子ども達は、周りに比べれば
出来ない事は沢山ありますが、
自己肯定感を感じながら
自分を大切にして生きています。

「丸ごと自分自身を受け入れて
肯定している状態」

だと感じます。

何より
生きているのが楽しそう!

それは、適切なその子に合った支援を
手探りの中でも探したこと

又、私自身の障がい児育児の捉え方が
変化したことも1つの
きっかけだったかもしれません。

「今ある苦しみや悩みは、
ずっとそのままではなく
必ずかたちを変えていく」

「世の中、諸行無常であり
物事、何ひとつ変化をしないものはない」

ヨガの教えを受け
日々に生かしたのも
変化したきっかけでした。

2人の子育てと並行してきた
大好きだった看護師の仕事は現在は辞め、

今まで得た知識・経験したことを
今困っている方にお伝えしたい想いで
講座・個人セッション・ヨガを
オンラインにて提供しています。

経歴

2001年〜都内大学病院・総合病院・看護学校にて勤務

2007〜8年 結婚・第一子出産

2011年 第二子出産

2013年1月 IYCにてケンハラクマ氏に師事しハタヨガ認定取得・その後自主開催ヨガ教室オープン

2016年8月〜愛誠病院・精神科女子閉鎖病棟にてメディカルヨガ担当
清澄庭園での「心のエッセンスヨガ」で身体と心の調和を伝える

2018年10月〜サロンロカヒ江戸川akalaがオープンと共にスタッフとして携わる

2018年 11月 発達凸凹アカデミーにて子どもの発達インストラクター取得

2018年 1月~ プロコーチ・やまざき千恵子氏よりコーチングを学ぶ

2018年12月 お茶会開催

2019年1月 講座「効果的な支援策」を開講スタート

2019年2月 サロンロカヒ江戸川akala のイベント「ヨガとアロマハンドトリートメント」にてヨガを担当

2019年 6月~集中的に再度プロコーチ・やまざき千恵子氏よりコーチングの実践を学ぶ

2019年 11月~愛誠病院 精神科デイケアにてメディカルヨガ担当

2020年 3月~オンラインにてヨガレッスン提供開始・全国や海外の方達と繋がり身体と心の調和を伝える。オンラインお茶会満席

2021年1月〜『心の底から子どもも自分も抱きしめられる』継続講座スタート

藤田えいこってどんな人?

元々HSP傾向(敏感体質)があり、感受性と共感性が強い。

物事の表面にとらわれず、「何が大切なことか?」と物事の本質を理解して行動に移すことを意識しています。

又、人の長所を見つけることが得意。

興味関心のあることについては、とことん追求していく探究心があり、ややADHD気質もある。

人が好き、気さくさあり。感受性が強いだけにすぐにウルッとする一面も。

これから望むこと

育てにくい子育てに悩む人への支援を広げ

ピンチをチャンスに変えるお手伝いをすること

親も子どもも自分らしく生きて

心の底から子どもも自分も抱きしめられる

そんな方を増やしたい